ボードゲームサークル ガンビターレ

Board Game Circle Gambitare

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【活動報告】2月24日ゲーム会レポート
2月24日に開催したボードゲーム会は無事終了しました。

会場の予約の都合ではありましたが、思えば、告知から2ヶ月を経ての開催という「溜め」っぷりでした。
あちこちのゲーム会で「遊びに行くよー」との声は頂いていたものの、
いざ当日になると人とは急に不安になってしまうもので。
皆来てくれるだろうか、何か手落ちは無いだろうか、自分が開催日を間違えていないだろうか、
などなど、結構ビクついていました。

結果的には馴染みの面々やお初の方もいらして下さり、実に賑やかな場になりました。
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。


遊んだゲームの紹介は準備中です。後日、ここに追記します。
代わりに今後の予定を載せておきましょう。

 3月17日
 4月21日
 5月19日
 6月16日

すべて第三日曜、場所はカリオンビルです。部屋は異なる場合もあります。

3/28:記事追記しました。

 
さてさて。
今更感が漂うほど遅くなりましたが、今回遊んだゲームを簡単にご紹介します。



今回は比較的軽めのゲームが遊ばれました。
多分、建った中で最も重いのが「チケットトゥライド」じゃないか、というくらいです。
とりあえず、タイトルをメモしてある分で17本あります。
この他にも、みさき工房さんの自作ゲームをはじめ幾つか建っていたようで、
残念ながらすべてをリストアップすることはできませんでした。ご容赦下さい。

鈴木が参加したゲームには簡単な感想らしきものを添えてあります。


・小吃大胃王 / Taiwan Snackbar
 http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1706922.html

 1ラウンド目に頑張りすぎて22枚引き(20枚目でアウト)を喰らいましたが、
 その後は豊富な手札で比較的安全に立ち回れました。
 どうせ負けるなら沢山引いて負けた方がいいみたいですが、そういう時に限って即アウトだったりするものです。


・ファウナ / Fauna
 http://www.tk-game-diary.net/fauna/fauna.html
005_Fauna.jpg

 開始前、shuさんとizumiさんがアカシカか何かの動物名を口にしていましたが、何のことか分かりません。
 しかし、そのやりとりを見ていて、静かな笑いがこみ上げてきたのは内緒です。

 この手の「お題」ゲームでは大抵、1ゲームで1つ「問題児」なお題が出るものですが、
 今回の問題児はオオカワウソでした。
 「カワウソと言えばニホンカワウソ」な認識で困ったであろう人多数。
 カワウソとビーバーがごっちゃになって困った人1名(=鈴木)。
 カワウソと言えば吉田戦sh…… は、誰もが噛み殺した言葉のはず。
 最も議論が活発になり、皆々こぞって迷走し、もはや推理ですらなく憶測の域にまで。

 結局、全員が生息地を当てられなかった上、
 推理に対する茶々入れによれば「化け物」だったようです、オオカワウソは。


・ハリガリ / Halli Galli
 http://moon.gmobb.jp/kawau/boardgame/halligalli.htm


・スプリングフィーバー / Spring Fever
 http://www.tk-game-diary.net/spring_fever/spring_fever.html


・ブランノワール
 http://taitou.blog50.fc2.com/blog-entry-864.html

 「軽めのもの」候補に挙がってきた1作ですが……ぇーと、案外、軽くないような気がします(笑)。
 確かにルールは「ほぼウノ」なんですが、その「ウノ」に無い点がかなり独特で、
 用語やテキストを把握するのに若干手間取る嫌いがあります。
 慣れてしまえばサクサク進む上、スクロールカードを絡めた怪しいプレイングも出来て面白くなるのですが、
 プレイ感の軽さを考えるとこの「入り口の狭さ」は勿体無いなーと思う次第。


・Flinke Flitzer
 http://gunture.blog3.fc2.com/blog-entry-1247.html


・ノイ / Neu
 http://www.tk-game-diary.net/neu/neu.html

 昼食組の戻り待ちにということで。
 今回は初手から「101」が飛び出すこと多数。Ohアグレッシヴ。
 運ゲーと言えば運ゲーですが、ここまで急戦展開だともうそれ以前です。
 初手101→2番手アウト、なんてことも、もちろん起こりました。
 ルール単純、短時間、テンション次第で幾らでも笑える。軽く遊ぶにはかなり好きなゲームです。


・チケットトゥライド / Ticket to Ride
 http://www.tk-game-diary.net/tickettoride/tickettoride.html


・キングオブトーキョー
 過去何度か遊んでるので紹介は省略。
 今回の操作キャラはエイリアノイド。
 相手はパンダカイ、ザ・キング、メカドラゴン、ギガサウルス。

 とりあえずギガサウルス要注意で戦ったつもりですが、思うように殴れません。
 結局最後まで生き残られてしまい、勝利点レースに持ち込まれて負けてしまいました。
 エイリアノイドの固有進化は今一つ方向性が見えませんねぇ。もう少し使ってみるべきでしょうか。


・ハートオブクラウン
 http://gamereview.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-19d3.html


・パンデミック
 http://gioco.sytes.net/pandemic.htm


・藪の中
 http://47chiku.blog36.fc2.com/blog-entry-806.html

 猿遊会でも遊んだゲームですが、今回はちゃんと死体を伏せたままでのプレイです。
 「現場操作」マーカーは使いません。

 ボードゲーム初心者からゲーマーまでを含めたバトルロイヤルでしたが、
 なるほど、やはりこのゲーム、なかなか侮れない面白さがあるようです。
 「上家の推理の根拠を推理する」という、普通より一歩踏み込んだ考え方が必要で、
 それ故、お互いが持っている「情報」だけでなく、「思惑」が強く影響してきます。
 確率論で言えば有り得ない選択をすることさえ、やりようによっては意味を持つのです。
 (その根拠に「説得力」が無ければ終わりですし、多くの場合「説得力=確率」ではありますが……)

 推理マーカーを置いた結果の「嘘つきチップ」の受け取り先は、よく出来ていると思います。
 後手になるほど推理の「根拠」は増えるが、間違った時の「リスク」も増えるといった感じ。
 スタートプレイヤーの移動が手番進行と逆周りなのも、初手の圧倒的不利を考慮してのことなのでしょう。
 正直、開発者名だけを理由に舐めてました。これはお勧めに値するゲームな気がします。


・ねことねずみの大レース
 http://www.tk-game-diary.net/viva_topo/viva_topo.html


・いるのは俺達チキンだけ
 http://www.katz2011jp.com/review/nbuc.html

 年末あたりから時々遊ばれているゲームで、プレイ感覚は「はげたかの餌食」に近いです。
 鈴木はこのゲームで言うところの「最もずる賢いプレイヤー」の1人によく数えられますが、それは間違っています。
 単に三味線を良く弾くためにずる賢く思われているだけで、
 実際の鈴木は、1手先さえ読まずに「ヒャホーィ」してしまう頭の弱いプレイヤーです。

 今回は途中のラウンドで「犬」と「狐」を上手く残したプレイヤーに場を支配され、
 3人が彼の手を読みきった上で、完全に協調しなければならないというひどい2択に。
 1人でも協調できなければ、ほぼ勝利確定。犬か狐かを読み違えてもアウト。
 読み切って、かつ、完全に協調して、それでようやっと「全員に逆転の可能性が見える」くらいでした。

 結果的に協調はできたのですが、「最悪の形で」協調しました(笑)。
 世界の鶏のうち9割が1人の手元に集まり、ほとんど中押しで勝敗が決まるほどの点差になりました。


・国連憲章27
 http://fu-ka.livedoor.biz/archives/1723050.html
007_KK27.jpg

 風刺ゲームですね。
 ルール的には全く必要無い「なりきり議長セット」を入れてある辺り、変な意味で気合が入ってます。

 自分、交渉ゲームは大好きなのですが、「やり取りが楽しい」ところに目が行ってしまい、
 勝敗に絡めず終わることが多いです。
 このゲームでもその通りになりました。賄賂を景気良く渡しすぎてドベで負けるという。
 言われた通り、「各国になりきってロールプレイを楽しむ」と、また違って来るのかもしれません。

 しかしまぁ何でしょう。
 T橋さんのコメントを見て、「何だそれ?」と思って、google先生に問い合わせて。
 そこで「あぁ~、これは苦手なゲームだな」と分かったはずなのに、それに気付くより先に遊びたくてしょうがなくなってしまいまして。
 「好きなゲーム」と「得意なゲーム」が一致しない自分の性分に失笑したくもなります。
 宣言通りにご来場下さり、かつこのゲームをお持ち下さったT橋さんに、いっそ五体当地しかねません。

 で。
 自分の敗因はまぁ、気前よく賄賂を撒きすぎたことだそうですが……
 確かに今振り返ると、「金使いすぎ」だったのはよく分かります。
 大体何点程度を目安にすればいいのか。ゲーム開始時に持っている「12点」の重みはどれほどか。
 「1点」が自分と相手にとってどれほどの価値を持つのか。それらをしっかり考えて渡す必要が有るのですね。

 しかし何でしょうね。「自分の要求を呑まない相手に賄賂を渡した時の表情」だとか、
 「思惑の異なる2人による賄賂合戦の様相」だとか、思い出すだけでも楽しくなる要素だったりするものでして。
 悪い癖なのですが、交渉系ゲームでは勝敗以上に「交渉中のやりとり」が本当に楽しくて仕方無いのです。

 プレイ中、shuさんの「こんなものは拒否権ですよ」発言が終始怖くて仕方ありませんでした(笑)。
 (思い返せば、拒否権はそうそう発動できるほど安いものではないとも思いますが)
 多分勝てないと思いますが、また遊びたいですねぇ。


・ファンタジーパブ / Fantasy Pub
 レビューリンク無し。
006_FP.jpg

 飲んだくれ育成ゲーム。嘘。
 ダイス目を頼りに(=千鳥足で?)酒場を歩いて、一番の酒豪を目指します。
 「自分が勝利点を稼ぐこと」以上に「他人に勝利点を取らせないこと」に目が行きがちで、
 一見「それはどうかなー」と思ってしまうプレイング多数なのですが、
 進んでみると、なるほど、「止めたくなる」ように勝利点が設定されているのだとも感じました。
 この、どことなく漂うgdgd感が、まさしく酔っ払いといった感じです。

 しかしオーク強すぎだと思うんですよね。
 ダイス目の自由度は結構高いので、彼だけが安心して点を取れるといった印象があります。


・お邪魔者
 http://minirotodaiyosou.seesaa.net/article/239060816.html

 締めということで、場に残っていた9名全員が金鉱掘りに扮します。
 日頃墓穴しか掘っていない鈴木も金鉱を掘ります。

 お邪魔者の人数は2~3人。山札は割と少ないようで、すぐに尽きる印象です。
 「このゲームでは」or「この人数では」、どちらか分かりませんが、
 お邪魔者が勝つのは相当難しいような気がしました。手数が圧倒的に違うのです。
 しかし働き者の中にも「自分の取り分を多くしたい」強欲者が現れ、お邪魔者容疑がかけられる展開。
 こういう「働き者同士の私利私欲の争い」が、お邪魔者のつけいる隙なのかもしれません。

 結局、3ラウンド通してお邪魔ものが勝つことは有りませんでした。



以上です。


そうそう、猿遊会からお越し頂いた2名より、ガンビターレの発足祝いということでギフトを頂きました。
ありがとうございます。むしろこちらが日頃お世話になっているくらいなのに申し訳無いです。
とりあえず、一昼夜テーブルに飾って眺めて「にへら(緩)」とすることにしました。

さて。
記念すべきかどうかはともかく第一回を無事に終えたところで、
今後を考えると、期待と不安が色々に出てきます。
ここも、周辺地域で開催されているボードゲーム会のうちの1つとして数えられるんだなーという感慨とか、
ここが新規プレイヤーの「戸口」になれるのか、「篩」になってしまうのか、という不安とか。
開催に疲れたりしないかとか、病気や事故の際はどうしよう、とか。
「知らない人の輪に飛び込む」だけではなく、「知らない人を輪に迎える」こともあるんだ、とか。
blogの記事書くのめんどくせー、とか。

本当に、色々。

でもまぁ、何一つとして「今考えても仕方無い」のでしょうし。
とりあえず「ボードゲームを遊べる場」のうち1つを、自分の主催で確保できたのだと、
そういう自己満足に浸るのも悪くないのだろう、と思うことにしました。
いっそ『Gambitareの運営方針は「無責任」です』なんて言い切ってしまいましょうか。駄目ですか。

今後数ヶ月分の会場は確保してありますが、まぁ、緩くいきましょう。


楽しい時間を下さった皆さんに、もう一度御礼を申し上げます。
参加して頂き、まことにありがとうございました。
  1. 2013/03/01(金) 14:15:18|
  2. 活動報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
開催おめでとうございます&ありがとうございます。
今朝のNHKで、三日坊主対策の特集をやってました。
1:目標を高くしない(実現可能な範囲にする)
2:やったことを見える形で残す
3:親が見守る
だそうです。

よし、ブログの記録(2)を陰ながら見守る(3)ようにします。
見テイルゾ(←ストーカーかよw)

追記:(1)については、撮った写真だけアップとかでもよいのでは?と思いました。
  1. 2013/04/01(月) 11:52:03 |
  2. URL |
  3. T橋 #-
  4. [ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんは、鈴木です。

三日坊主対策……どんな対策を講じても結局「それを習慣にすること」が大前提になってしまうものです。
とりあえず、ガンビターレの運営としては「割とテキトー」を掲げていってしまおうかと思いつつありますが(ぇ
陰ながらでなくてもいいので、公然と見守って下さい(笑)。

>(1)について
現状、携帯から移した画像を一度(わずかに)加工してから上げてるので、実は写真の掲載が一番面倒だったりします。
何よりゲーム風景を写真に収める癖がついていないのが問題というか。これも習慣にしていかなければなりませんなぁ。
  1. 2013/04/12(金) 01:04:29 |
  2. URL |
  3. 鈴木@gambitare #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://gambitare.blog.fc2.com/tb.php/7-0288d241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<【済】ゲーム会開催案内:3月17日 豊橋市民センター(カリオンビル)にて | ホーム | 【済】ゲーム会開催案内:2月24日 豊橋市民センター(カリオンビル)にて>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。